冷えたコップは手から離れなかった

アナタが考える「食欲」と、みんなが考える「作家」は、もしかしたらまったく違うものかも。そう考えると、なんだか変な感じがしない?

笑顔で踊る友人と僕

買いととのえた布で、園にもう少しで行くわが子の園からの指定の袋を縫わなくてはいけない。
母親である嫁が縫うのですが、俺も嫌いではないので、手間取っているようだったらかわろうと考えている。
ボールや靴をしまうものが園に通い始めるのにいるみたいだ。
ミシンもやっとのことでついた。
使いごこちも試してみようと思う。

雲の無い仏滅の早朝にこっそりと
仕事として、日光へ向かうことが多かった。
北関東にある日光市は栃木県にあり、内陸の県で、多くの山に囲まれている。
もちろん、寒い時期には雪景色になり、除雪車やチェーンなど必須だ。
紅葉の時期になると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日という生活スタイルがとても多く、雑誌などメディアで日光市が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は行ってみてほしい所だ。
少し述べさせてもらうと、観光客のメインはやっぱり東照宮。
東京の基盤を作った家康の眠る場所で、中の様子に驚くだろう。
さらに、奥日光に位置する日光の湯元温泉
硫黄泉とのことで、濁っていて、熱めの温泉。
この温泉に来ると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、湯元温泉のお湯を目指してたくさんの湯治客が集まったと言う。
様子が想像可能な古い歴史を持つ日光。
旅館や民宿の紹介も一緒にガイド本に紹介されている栃木県日光市に、行きたいと思う。

陽の見えない土曜の朝はお菓子作り

夏にあったことを特別やっていないが、ともだちと今度、コテージをかりてBBQを行う。
毎年の恒例だが、たまには、息抜きになる。
男のメンバーがあまりいないので、たいそうたくさん火をおこしたり準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女性だと苦手な人がまあまあいるので、活躍しないと。
そうは言っても必ず皆でアルコールをがぶがぶ飲むその時は、ワインを飲みすぎない様に注意しよう。

薄暗い日曜の夜にシャワーを
20歳の時、株に好奇心をもっていて、購入しようかとおもったことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったけれども、しかし、頑張って得たお金が簡単に減るのが怖くて、買えなかった。
証券会社に口座は開いて、資金も入れて、クリック一つだけで買える状態にしたけれど、恐怖で買えなかった。
頑張って、働いて稼いだお金だから、稼いでいる人たちから見たら少なくてもでも少なくなるのは怖い。
けれど一回くらいは買ってみたい。

凍えそうな日曜の午後に目を閉じて

一般事務で勤めていた時の大好きな先輩は、親が社長で、どう考えてもお嬢様だった。
小さくて活発でハイテンションで、動物愛護の先輩。
動物愛護団体など設立して、しっかり活躍を行っているようだった。
革の使用反対、ヴィーガン、動物実験反対。
少し前に、マンションに訪問したことがある。
高級住宅地にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見えていた。
その先輩、可愛くてきれいなシャムと一緒に住んでいた。

夢中で口笛を吹く家族とオレ
たしなむ程度の酒のお供に、まあまあ健康に良い食材を!と思っている。
しばらくのおつまみは焼いた葱。
その前はサバ。
で、直近では明太子だけれど、高いので断念。
先日新たなおつまみを考案した。
買い物に行けば90円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、マーガリンで炒めて、みりんと醤油を少々ふりかけて味付た物。
じゅうぶん料金は低め、カロリーも低い気がしませんか。

自信を持ってダンスするあいつとわたし

石田衣良さんという作家さんに出会ったのは、愛の家で。
愛がいない部屋というタイトルの短編ストーリーが詰まった文庫本がパソコンの前に置かれていたから。
地元の青森の母さんが読破して、その後お酒や果物と同時に宅急便で送ってくれたらしい。
当時はまだまだ文学界で知れていなかった石田衣良さん。
彼女はふつう自伝やビジネス、ファッション誌などは読む。
反対に、俗に言うストーリーものは読まないので、この本、私にくれた。
愛ちゃんの母親は何を思いながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろう。

勢いで泳ぐ妹と観光地
何でも一個の好きなことを、長く続けているような人に尊敬する。
スノボでも、写真だったり、どれだけ小さい分野でも
一年に一回、幼馴染のメンバーと、いつもの旅館に宿泊する!でも良いと思う。
何か一個の事を続けると最後にはプロまでたどり着くことができるだろう。
実は、幼いころにピアノと絵なんかを習っていたが、辞めなきゃよかったな。
そう実感するのは、リビングのの角に両親にプレゼントされたピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一回学びたいとという理想がある。

夢中で熱弁するあいつと季節はずれの雪

此の程、ひとり娘が運動場で遊ばない。
蒸し暑いからか、家のおもちゃがとっても増えたからか。
わずか前までは、非常に外に行きたがっていたのに、最近は、ちょびっとでも遊びに行きたがらない。
なんというか、男親だと、全然困ることもなく、気にしないが、けれども嫁はある程度でも複雑らしい。
けれど、暑い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

気分良く大声を出すあなたと霧
大学生のころよりNHKを見ることがたいそう増えた。
昔は、母親やひいばあちゃんが視聴していたら、NHK以外のものが視聴したいのに考えていたが、最近は、NHKが嫌ではない。
おもしろいものが非常に少ないと思っていたけれど、このごろは、かたくない番組も多くなったと思う。
そして私が、かたい内容のものも好んで見るようになった。
また、攻撃的でないものや娘に悪い影響がめちゃめちゃ少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンですらとっても暴力的に見える。
毎回ぼこぼこにして解決だから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

Copyright (C) 2015 冷えたコップは手から離れなかった All Rights Reserved.